about

 百姓のいえは、2004年安平町(旧・追分町)にて新規就農しました。当農場では就農当初より平飼い養鶏の他、30種類以上の季節の野菜を無農薬・無化学肥料で多品目栽培しています。所有する農地すべてで有機(オーガニック)認証を受けています。2015年からはお米や小麦などの穀物を栽培し、これらの農作物を利用した加工品づくりにも取り組んでいます。

 屋号の「百姓のいえ」は「新しい」を意味するドイツ語“neu”(のい)と“いえ”を組み合わせた造語です。何年たっても百姓をはじめたときの気持ちを忘れないように。そして、百姓を生業とするにあたって、昔から綿々と受け継がれてきた食生活や日本の文化を重んじながら、新たな価値を見出す農場(いえ)にできればと思っています。加工商品で使用するロゴは、●は太陽、私たちのイニシャルであるTKを入れ、下線は大地をイメージしたデザインにしました。農業の「ものづくり」は、何より自然が在ってのこと。就農の際に抱いた初心を忘れず、末永く愛される「百姓のいえ」で在りたいと願っています。